So-net無料ブログ作成

社会保障協定 [社会保険]

転勤などで海外へ赴任する際に、かつては本国と赴任国で社会保険に二重加入する課題がありました。

それを解消するために日本では社会保障協定を各国と順番に締結するようになりました。

また社会保障協定は、将来年金を受け取る際に協定相手国での加入期間を通算できる仕組みもつくりました。

現在の発行済み協定相手国は以下の国々です。

「ドイツ、イギリス、韓国、アメリカ、ベルギー、フランス、カナダ、オーストラリア、オランダ、チェコ、スペイン、アイルランド、ブラジル、スイス、ハンガリー、インド、ルクセンブルク」

このうち、イギリス、韓国、イタリアについては二重加入防止のみです。

署名済みの国や協議中の国もあり、対象国はこれからも増えていくことになります。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0