So-net無料ブログ作成
検索選択

任意加入 [年金]

年金相談をお受けしていて、しばしば質問されるのが年金を増やす方法についてです。

年齢を重ねていくと、どうしても方法が限られてくるのが現実なのですが、そのなかで選択肢の一つとしてあるのが任意加入制度です。


国民年金は20歳から60歳まで40年間漏れなくかけると満額になります。

この間で保険料をかけられなかった期間がある場合に65歳まで希望して保険料を納付することができます。これが任意加入制度です。

任意加入制度を希望する際に、以前も採りあげた付加保険料をセットでかけることをご提案することも多いです。


付加保険料は1か月400円の、オプション的な性格をもつ年金で年金を受給するときに1か月200円プラスされます。

かりに1年加入すると保険料が4,800円に対して、増える保険料額が2,400円となります。2年間でモトがとれるということで金額が小さいながら効率の良い年金といえます。


可能であれば、保険料納付の方法として一定期間をまとめて支払う「前納」がおすすめです。6か月、1年、2年と選択肢があり、期間が長いほど割引率が高まります。

あわせて口座振替を利用すればさらに割引率が良いので、活用されるとよいかと思います。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0