So-net無料ブログ作成

配偶者控除の改正 [労務問題]

来年より配偶者控除の取り扱いが改正されます。

いわゆる「103万円の壁」を改め、就労意欲を促すものです。

どのような改正内容でしょうか。現状判明している範囲で追ってみました。


現在は配偶者控除と配偶者特別控除の2分類になっています。

配偶者控除額は38万円で、配偶者特別控除は所得に応じて3万円~38万円です。

配偶者控除だと扶養親族が1人としてカウントされますが、配偶者特別控除は対象外です。


これが来年から変更されます。

1.源泉控除対象配偶者
・合計所得金額が900万円以下の従業員と生計を一にする配偶者であること
・配偶者の合計所得金額が85万円以下であること

源泉控除対象配偶者に該当すると扶養親族が1人としてカウントされます。

2.同一生計配偶者
・従業員と生計を一にする配偶者であること
・配偶者の合計所得金額が38万円以下であること

3.給与所得者の扶養控除等(異動)申告書などの様式変更
・改正に伴い、年末調整時に提出する諸書類の様式が変更される予定です

4.配偶者控除、配偶者特別控除額の変更
・年末調整のときに適用される配偶者控除の控除額が改正されます
・配偶者控除は、従業員の合計所得金額により分類されます
・配偶者特別控除額は、従業員と配偶者の合計所得金額により分類されます

分類と控除額が細かくなっているのでわかりにくいものの、勘どころは今年から来年にかけて扶養親族数に増減が発生することと、新しい様式に切り替えるところが実務上の負担になりそうです。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。