So-net無料ブログ作成

変形労働時間制 [労働基準法]

労働時間については、1日8時間、1週間40時間という二重の「縛り」があります。

たとえば1週間で40時間であったとしても、日によって8時間を超える勤務時間がある場合には、残業代が発生することになります。

このジレンマを解消するのが「変形労働時間制」です。


変形労働時間制は4種類あります。

1.1か月単位の変形労働時間制
2.1年単位の変形労働時間制
3.フレックスタイム制
4.1週間単位の変形労働時間制

あらかじめ繁閑の差を見込める時期に勤務時間にメリハリをつけて平均して40時間以内になっていればよいという制度です。

導入にあたっては、就業規則や労使協定の締結が必要となります。

どの変形労働時間制を導入するかは、会社の実態を踏まえて決めるのがよいとして、通常1か月単位の変形労働時間制より1年単位の変形労働時間制のほうが期間が長い分、制約も多いので注意が必要です。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0