So-net無料ブログ作成

賃金の支払いルール [その他労働社会保険]

毎月支給されるお給料には、5つのルールがあります。


1.直接支払うこと
2.全額支払うこと
3.通貨で支払うこと
4.毎月1回以上支払うこと
5.一定期日に支払うこと

賃金は労働者の生命線であるため、支払方法が保護されています。

これを「賃金支払の5原則」といいます。


ただし例外もあります。

例えば全額払いについては、税金や社会保険料など法律による控除が認められています。

通貨払いについては、振込が認められています。

毎月1回以上払いについては、ボーナスなど臨時給与は対象外です。


給料袋で現金で渡していた時代の名残で一見するとなぜこのような規定があるのかと考えてしまいますが、今でも現金で渡している会社も存在しており、直接支払いの原則などは案外無視できない規定といえます。







nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。