So-net無料ブログ作成

派遣と請負

労働者派遣と請負についての話です。

2つとも似たような形態のため混同されがちですが、まったくの別物。

そして、これらは形式的な契約ではなく実態に基づき判断されます。

つまり、請負契約を締結していたとしても、実態が労働者派遣なら労働者派遣法に基づき、行政指導を受ける場合があるので注意が必要です。

最たる違いは派遣先会社から本人(労働者・請負者)に対して指揮命令が発生しているかどうかです。

期日や時間の指定、業務遂行の具体的な指示などがあると裁量権が与えられているとはいえず、請負契約であったとしても労働者派遣事業として扱われる可能性があります。

派遣業の許可が必要になりますし、派遣法の適用を受けます。

自社で派遣する請負者が派遣先でどのような就労実態になっているか、いちどご確認いただくとよいでしょう。
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0