So-net無料ブログ作成
検索選択

有期労働契約の無期転換(2)

5年と超えて有期労働契約を締結している労働者には無期労働契約への転換権が発生することは前回ご案内しました。

さりながら、この無期転換権を与えられない人がいます。

1.高度専門職の有期契約労働者(第1種)
2.定年後に継続雇用される有期契約労働者(第2種)

高度専門職とは次のような人たちとされています。

・博士の学位を持つもの
弁護士、公認会計士、医師税理士、社会保険労務士など
特許発明の発明者
・実務経験5年以上のシステムエンジニア
・上記に準ずる者として厚生労働省労働基準局長が認める者 など

これらの人に対して年収1075万円以上であることも条件になっています。

無期転換の特例除外を受けるためには、労働局に対して「計画認定申請書」を提出することが必要です。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0